初心者のイラスト制作の奮闘記

イラスト上達の練習法

イラストがうまく描けるようになる為に一番大切なことは、たくさん練習することです。
最初から上手に描ける天才はいますが、多くの人は最初は下手なはずです。

というわけで、まずはイラストの練習をするぞ!と意気込んでみますが
イラストを描き始めて最初の壁は、何から練習したらいいの?だと思います。
例えば人物イラストの顔はうまく描けても体がうまく描けない、部分的な体のパーツが苦手などなど、壁にぶつかると手が止まってしまいます。

そこで、まずイラスト初心者が練習する題材は、ズバリ円です!
イラストって直線よりも曲線の方が多いので、綺麗な円を描けるようになることはイラスト制作の基本となります。
なかなか初めは綺麗な円を描くことはできないかもしれませんが、毎日練習することによって綺麗な丸を描くことができるようになります。
線を引くことにあまり慣れてない方は、小さい円を描くことから練習し、だんだん慣れてきたら徐々に大き円にすると良いです。
気をつけなければいけない点として、丸は必ず繋げることを意識します。
画像右の丸のように線が繋がってないと練習効果もうすれてしまいます。
円を一筆で綺麗に描ける様になるまで練習してみると良いでしょう。

縁などの図形を綺麗に描くことをマスターしたら、今度は好きなイラストを模写して練習してみると良いです。
模写とは真似して描くことで、線をなぞって写すトレースとは異なり。
あくまでまねて再現することが模写の定義です。
参考にする資料や、画像、または写真でもいいので、、どんどん好きなキャラクターを真似て描いてみてください。
イラストを描き慣れてないうちは、特に見て描いた方がいいです。
想像で描くよりも実物を見て正確に描けることが上達する近道です。

イラストは描くことだけではなく、観察力も重要になってきます。
とにかく慣れないうちは描く前にじっくり観察することです。
はじめはうまく描けなくても、同じ絵を2,3回と繰り返していくうちに、自然と線の流れがわかるようになって上手になっていくことでしょう。

イラスト 制作